よくあるご質問

ダイアート

「ダイアート」の名称の由来は?

Diuresis(利尿)を Art(創造)する意味で Diart と命名されました。

禁忌はありますか?

添付文書には以下の記載となっています。

(1)無尿の患者
(2)肝性昏睡の患者
(3)体液中のナトリウム、カリウムが明らかに減少している患者
(4)デスモプレシン酢酸塩水和物(男性における夜間多尿による夜間頻尿)を投与中の患者
(5)スルフォンアミド誘導体に対し過敏症の既往歴のある患者

が禁忌として設定しております。


参考資料:添付文書(「禁忌」の項)

重大な副作用はありますか?

電解質異常、無顆粒球症、白血球減少が重大な副作用としてあらわれることがございます。


参考資料:添付文書(「重大な副作用」の項)

投薬にあたり注意すべきことはありますか?

ダイアート錠は利尿剤であるため、夜間の休息が特に必要な患者には、夜間の排尿を避けるため、午前中に投与することが望ましいです。


参考資料:添付文書(「重要な基本的注意」の項)

ダイアートの指導箋はありますか?

ダイアートを服用する際の注意点について解説する指導箋がございます。
【サイズ/ページ数】A5/20枚綴り

掲載URL https://med.skk-net.com/supplies/diart/item/DIA-156_2004.pdf

診療に関するツールはありますか?

ダイアート錠をお使いの先生方へと題し、ダイアートの製剤的特徴である光安定性(一包化後の遮光不要)などについて解説したツールをご用意しております。
【サイズ/ページ数】A4/2つ折り

掲載URL https://med.skk-net.com/supplies/diart/item/DIA-180_2008.pdf

一覧へ戻る