医療関係者向け情報

よくあるご質問

ダイアモックス

呼吸性アシドーシスを改善する機序は?

アセタゾラミドは炭酸脱水酵素抑制作用により肺胞中のHCO3-の尿中排泄を増加させるとともに、他方代謝性アシドーシスを起こし、H+を増加させる。増加した H+により呼吸中枢が刺激され、換気量が増大し、併せて低酸素・炭酸ガス換気応答が改善される。この換気量の増大により血中O2が増加、CO2は減少し、呼吸性アシドーシスが改善します。


参考資料:インタビューフォーム(「薬効薬理に関する項目」の項)

コンタクトセンター

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-19-8130


お問い合わせフォーム

よくあるご質問(FAQ)

医薬品関連