医療関係者向け情報

よくあるご質問

ダイアモックス

てんかん発作を抑制する機序は?

アセタゾラミドは中枢神経組織内に存在する炭酸脱水酵素を抑制し、脳のCO2濃度を局所的に増大させることにより、脳の異常な興奮を抑制して、精神神経系の諸症状を緩解すると考えられています。


参考資料:インタビューフォーム(「薬効薬理に関する項目」の項)

コンタクトセンター

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-19-8130


お問い合わせフォーム

よくあるご質問(FAQ)

医薬品関連