医療関係者向け情報

ジェントレットⅡ

製品情報

使用上の注意

重要な基本的注意
1.指先から採血する場合は、穿刺前に、必ず流水でよく手を洗ってください。
2.果物等の糖分を含む食品などに触れた後、そのまま指先から採血すると指先に付着した糖分が血液と混じり、血糖値が偽高値となるおそれがあります。[アルコール綿による消毒のみでは糖分の除去が不十分との報告があります。]
3.以下のような末梢血流が減少した患者の指先から採血した場合は、血糖値が偽低値を示すことがあります。
・脱水状態
・ショック状態
・末梢循環障害
4.耳朶等の組織が薄い部位への穿刺を行う場合には、穿刺部位の裏側を直接指で支えないでください。[組織を貫通した針で指を穿刺し、血液を介した感染のおそれがあります。貫通のおそれがある場合には、他の組織の厚い部位での穿刺について検討してください。]

その他の注意
1.血糖測定をするときは、併用されている専用の採血針と血糖測定器の取扱説明書や添付文書をあわせてお読みください。
2.採血針の先端は非常に鋭利で危険ですので、取り扱いには十分注意し、お子さまの手の届かないところに保管してください。
3.採血針を本体に装着する前に採血針の保護キャップを外さないでください。
4.保護キャップを外した採血針は本体には装着できません。無理に装着しようとすると故障の原因となります。
5.採血針を本体に対し斜めに挿入しないでください。専用の採血針以外のものを本体先端に挿入しないでください。
[破損したり、針が露出することがあります。]
6.採血針の保護キャップを外して使用する前と採血後に、針が露出していないことを確認してください。
7.廃棄ボタンは引っ張らないでください。[破損することがあります。]
8.使用後は採血針を針回収容器に入れ、安全に廃棄してください。
[使用後の針を触ると、けがや感染のおそれがあります。]

品目仕様等

穿刺深さ調整 6段階(0.3 mm ~ 1.6 mmの間を6分割)

操作方法

1.採血針を本体先端にまっすぐ挿入し、取り付けます。このとき確認窓全体がオレンジ色になるまでしっかりと押し込みます。 本品には、専用の採血針(販売名:ジェントレット針)を使用ください。
2.採血針の保護キャップを半回転以上回したのち、引っ張りながら回して外します。回転が不十分な場合、保護キャップは外れません。外した保護キャップは速やかに廃棄してください。一度保護キャップを外した採血針は、再度保護キャップを装着(リキャップ)しないでください。
3.本体に取り付けた採血針の先端を採血する指の目的の場所につけ、穿刺ボタンを押すと針が射出されます。これにより少量の血液を得ることができます。
4.廃棄ボタンを押して、使用済みの採血針を廃棄してください。  ※専用の採血針の添付文書をあわせてご参照ください。

警告

1.感染の危険性があるため、採血前に穿刺部位の消毒を必ず行ってください。
2.採血後は必ずばんそうこうで止血してください。
3.傷口が治りにくいときは、こまめに消毒してください。
4.使用後の採血針には触れないでください。[感染の危険性があります。]使用後の採血針は速やかに廃棄してください。
5.確認窓にオレンジ色の表示が出ている状態で放置しないでください。[故障の原因となります。]また、採血針を本品に装着したまま、放置しないでください。[針が誤って発射される危険性があります。]

コンタクトセンター

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-19-8130

[ 受付時間 ]
月~金(祝日・弊社休業日を除く)
午前9時より午後5時まで


お問い合わせフォーム