医療関係者向け情報

BD ウルトラファインランセット30G

製品情報

使用上の注意

使用注意

・医療行為以外には使用しないこと。
・保護キャップが外れにくい場合は、無理に使用しないこと。
・保護キャップが外れていたり、破損している場合は使用しないこと。
・本体が破損していたり、針が曲がっている場合は使用しないこと。
・保護キャップはねじりながら取り外すこと。その際、針にキャップが触れないよう注意すること。
・併用する採血用穿刺器具について、患者個人の使用に限り、複数の患者に使用しないこと。
・針刺し損傷に注意して使用すること。
・使用済のランセットは安全な方法で速やかに廃棄すること。

重要な基本的注意
・本品は必ず医師の指示に従って使用すること。
・組織が薄い部位への穿刺を行うと、組織を貫通した針で指を穿刺し、血液を介した感染のおそれがあるため、添付文書上にある穿刺部位を守ること。
・指先から採血する場合は、穿刺前に、必ず流水でよく手を洗うこと。
・果物等の糖分を含む食品などに触れた後、そのまま指先から採血すると指先に付着した糖分が血液と混じり、血糖値が偽高値となるおそれがある。[アルコール綿による消毒のみでは糖分の除去が不十分との報告がある。]
・以下のような末梢血流が減少した患者の指先から採血した場合は、血糖値が偽低値を示すことがある。
脱水状態
ショック状態
末梢循環障害

品目仕様等

JIS T 3257:2007 「単回使用自動ランセット」の5.4自動ランセットの設計、5.5引抜き強さ

操作方法

操作方法又は使用方法等
1. 本品を採血用穿刺器具(エースレット、エースレットⅡ等)のランセット装着部に確実に取り付け、保護キャップを回しながら外す。
2. 採血用穿刺器具(エースレット、エースレットⅡ等)の添付文書及び取扱説明書に従って採血を行なう。
3. 採血用穿刺器具(エースレット、エースレットⅡ等)から採血キャップを取り外し、針刺し損傷に注意してランセットを取り外し、速やかに、また安全に廃棄する。

警告

・感染の危険性があるため、採血前に必ず穿刺部位の消毒をすること。 ・採血後は必ずばんそうこうで止血すること。 ・傷口が治りにくいときは、こまめに消毒すること。

コンタクトセンター

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-19-8130

[ 受付時間 ]
月~金(祝日・弊社休業日を除く)
午前9時より午後5時まで


お問い合わせフォーム