医療関係者向け情報

血糖変動パターンをみる(測定ポイント指導例)

血糖自己測定の測定ポイントチェックシート

「MEQNET SMBG Viewer」、「SMBG Viewer Lite」と「血糖自己測定ポイントチェックシート」を使用して、タイムゾーンの血糖値の変化をわかりやすく表示することができます。

血糖変動をより的確に捉えるために~SMBGの活用について考える~

河津捷二
<(財)朝日生命成人病研究所附属丸の内病院所長>

1日の血糖変動パターンをより的確に捉えるために

SMBGを行う際、同一の測定パターンの繰り返しになっているということはないでしょうか?その場合、高血糖や 低血糖などの問題点を見逃す可能性があるのではと危惧されます。
例えば、空腹時血糖は比較的良好なのに、HbA1cが7%や8%以上という患者さんは、食後高血糖などの問題点が潜んでいる可能性があります。
このような際は、SMBGの測定ポイントに工夫を加え、血糖変動パターンをより的確に捉える必要があります。一般的に血糖の頂値は、食後2時間以内のことが多いのですが、治療により変化致します。

限られた測定回数の範囲内で測定ポイントに変化を持たせる

やみくもに測定回数を増やすことは難しく、限られた測定回数の中で、効率良く一日の血糖コントロール状況を把握する方法を工夫しなくてはなりません。例えば、以下のような方法を活用するのも選択肢のひとつとして有効です。


[ その1 ]

第1日目は朝食前、朝食後1時間、2時間、第2日目は(朝食前)、昼食前、昼食後1時間、2時間、第3日目は(朝食前)、夕食前、夕食後1時間、2時間、就寝前に測定するという3日間のサイクルを1ヵ月続けると、平均的な1日の血糖変動パターンが得られます。(40回~48回/月)

【第1日目】

朝食前朝食後
1時間
朝食後
2時間
昼食前昼食後
1時間
昼食後
2時間
夕食前夕食後
1時間
夕食後
2時間
就寝前その他

【第2日目】

朝食前朝食後
1時間
朝食後
2時間
昼食前昼食後
1時間
昼食後
2時間
夕食前夕食後
1時間
夕食後
2時間
就寝前その他
(●)

【第3日目】

朝食前朝食後
1時間
朝食後
2時間
昼食前昼食後
1時間
昼食後
2時間
夕食前夕食後
1時間
夕食後
2時間
就寝前その他
(●)

[ その2 ]

毎月朝食前1回、週1回のみ各食前・食後・就寝前の7ポイントを測定する方法。(54回/月)その他、毎日1日2回として、1日目朝食前後、2日目は昼食前後、3日目は夕食前後、4日目は朝食前・就寝前の測定を繰り返し、1日ごとにタイムゾーンをずらして測定する方法(60回/月、1週1サイクル(4日間)の場合32回/月)なども考えられます。
低血糖症状やシックデイなど、何らかの変化が感じられたときには、そのときにもSMBGを行い、時間やそのときの状況を記録してもらいます。測定ポイントに変化を持たせることで、1日の血糖変動パターンの頂値や最低値を見出すことが期待できます。

1回/日朝食昼食夕食就寝前深夜
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

コンタクトセンター

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-19-8130

[ 受付時間 ]
月~金(祝日・弊社休業日を除く)
午前9時より午後5時まで


お問い合わせフォーム